モッコウバラ

一重のもっこうばらをかきます。黄色・白など好きな色をつけましょう。

使用するパーツ

1)花びらを描く:「星とリボン:小波」を使って花びらのカーブを作ります。

2)花の中心部を描く:「星」からしべを作ります。「頂点」をドラッグしながらしべにします。

「頂点」をクリックして出る□ポイントをドラッグすると、さらにもう一本、線が現れます。もう一度□ポイントを移動して重ねます。すべての頂点に同じ作業をします。

「ハート」を小さくして配置し「グループ化」しておきます。「コピー」して「左右反転」「線の太さ」を変更したものも作ります。

「グループ化」しながら中心部分を作ります。花の大きさに対応できるように、2種類のしべを作っておくといいでしょう。中心部は楕円を置いて作りましょう。

3)「塗りつぶしの色」をつける:1例として花びら1枚づつに「方向」などを変えて色を付けていますが、「グループ化」してある花に、グループ化解除せず「グラデーション:放射」を付けてもいいと思います。

4)背景:「フローチャート:内部記憶」にグラデーションを付け、線の色・太さを変更しておきます。

「コピー」から「貼り付け:図」にしますが、背景(図形)は小さく作り「図」にして拡大するとぼけてしまいます。最初から、完成の大きさでグラデーションを付けておきます。ページの半分くらいの大きさで、「フローチャート:内部記憶」をかいておきます。「図」にするといろいろな効果が楽しめます。

作品例

Word2016で作成

 

 

カテゴリー: 夏のイラスト パーマリンク

モッコウバラ への3件のフィードバック

  1. 中野賢治 のコメント:

    楽しいお絵かきが出来て嬉しいです。
    早速挑戦させて頂きました。
    新しい技術が沢山有り、楽しく描かせて頂きました。
    今後もよろしくお願いします。

  2. kachikachi のコメント:

    こんにちは
    図形を利用し思わぬパーツに変化していく様に驚き、感嘆しています。
    星からシベに変化させていく頂点の編集、また一つ技を有難うございます。
    今日まで色々学ばせていただきました。
    ひらめきやセンスの全くない私はいろんな場面で利用させて頂いており、感謝です。
    5年前の「花火」1年前解散したクラブの仲間と楽しく描いたのを懐かしく思いだしています。
    梅雨、猛暑と続きます ご自愛くださいませ

  3. Dai のコメント:

    中野様 kachikachi 様
    コメント頂きありがとうございます。
    楽しくお絵かきされて嬉しく思います。
    図形から図に変換すると、思ってもいない効果に驚かされます。
    もとの図形のグラデーションによっても大きな違いがありますね。
    次回はオーソドックスな絵にしようかなと考えています。
    うっとうしい季節となりましたが、ご自愛下さいませ。
    紫陽花を楽しみながら…

コメントは停止中です。