藤の花

色艶やかな藤の花、「紫系」が多い配色 office2007-2010にして描いてみました。

1

1.背景の台紙を描く。四角形に「グラデーション」をつけます。2

四角形は「コピー:貼り付け:図」にしてアート効果をつけてみました。「四角形」は小さく描かずに完成時の大きさ、はがきサイズくらい(ぺージの半分ほど)の大きさで描くといいでしょう。3

1-2)「アート効果」から「パステル」から「色」を少し薄いものに変更しました。12

Word2010の「塗りつぶし:グラデーション:霧」を図にした例

15

2.「葉」の作成。「フローチャート:分類」を少し縦長にして土台にします。「曲線」で「分類」をクリックしながら形作り、色を付けます。4 5

3.花・つぼみの作成:小さい花々ですのであまり形にこだわらないでいいでしょう。6 7

4.花びらをまとめる:「部品2」を大きさを少し変えながら4つほど「グループ化」しておきます。さらにそれを数個(7~8)並べて「グループ化」して塗りつぶしの色を付けます。色違いの花も作る場合はコピーしておきましょう。8

グラデーションを付けたものを「図」にして「アート効果:ぼかし」をクリック。そのほかの部品も紫系の色を付けておきます。95.台紙の上に「葉」を置き「図」にしたものとその前の「図形」を配置します。花の部品を所々に乗せていきます。10 11

「ボカシ」を付けたものを背面に置いてみました。

16

Word2013 で作成

カテゴリー: 春のイラスト パーマリンク