EveryDAISY

「視覚障害者等のための複製・公衆送信が認められる者」の話

視覚障害者等のために録音図書を作りたい、そんなボランティア団体にはこれまで、公共施設を通して行うか、団体として個別に文化庁の指定を受けなければならないというように活動に大きな制限がありました。

ところが今年から、著作権法施行令の改正で、一定の要件を満たせば、団体としての登録手続きだけで複製・公衆送信が行えるようになりました(現行の著作権法の枠内での活動であることはもちろんです)。

そこで、いちえ会も先般、団体登録を行いました。この制度、今年から始まってはいるものの8月時点での登録は全国で約50団体ほどのようですが、これからますます増えていくことと思います。

ボランティア団体が活動しやすくなることで、いろいろな人に知っていただく機会が増え、輪が広がっていくことを願っています。

詳しくは、下記文化庁の Webページをご覧ください(別タブで開きます)。

視覚障害者等のための複製・公衆送信が認められる者について
~文化庁の個別指定を受けずとも,ボランティア団体等が音訳等事業を行えるようになります~

カテゴリー: EveryDAISYサロン, デイジー図書, 活動, 製作 | 「視覚障害者等のための複製・公衆送信が認められる者」の話 はコメントを受け付けていません。