EveryDAISY

「青天を衝け」前編のあらすじを杉並図書館におさめました。

いちえ会で、毎年製作している NHK大河ドラマガイドのあらすじ。先月、今年の大河「青天を衝け」前編あらすじの「音声デイジー版」「マルチメディアデイジー版」を、杉並区立中央図書館に納めてきました。

一般書の場合、視覚障害の方向けの「音声デイジー」の利用が圧倒的に多いことから、両方の版を製作しています。ただ、初めて製作した5年前の「真田丸」以来、いちえ会はどちらも「合成音声」で製作しているというのが、ちょっと変わったところといえるでしょうか。

あらすじといっても、セリフもありますから、アクセントや間を調整してなんとか仕上げています。これも、教科書製作の経験あればこそで、作業は大変ですが、ドラマチックなシーンやアクセントが異なる方言を限られた方法でどう近づけるかなど、なかなか面白くもあります。

合成音声は昔は機械的で無機質なイメージがあったかと思いますが、現在使っているものは、ここのライブラリに載せている「はやぶさ君の冒険日誌2010(ただいま!)」や「新時代家族 ~分断のはざまをつなぐ新たなキズナ~」を聞いてもらえばわかるとおり、ずっとよくなっています。(大河ドラマガイドは男声を使用)

こうした取り組みを続けていくことで、結果として、障害をかかえる皆さんをとりまく環境が少しでもよくなっていくことを願っています。

カテゴリー: EveryDAISYサロン | 「青天を衝け」前編のあらすじを杉並図書館におさめました。 はコメントを受け付けていません