野ブドウ

行楽の秋 山々で見られる 野ぶどうを描いてみました。

葉を描く

「ハート」を描き 回りを「曲線」でクリックしながら形作っていきます。

1枚の「葉」を描き 頂点を移動したり削除したりしながら いろいろな葉の形にしていきます。

図形を右クリックして「頂点の編集」をクリックし、「頂点」を出します。

「頂点」をクリックすると □ポインタが出ますが、このポインタをドラッグすることによって 形が変ります。

1

10

「頂点を中心にスムージングする」と「頂点を基準にする」の違い

2

「頂点」を右クリック 「頂点を基準にする」での作成も試してみましょう。

3

最初に描いた「葉」はコピーして、「頂点の削除」や 「頂点を追加」して葉を数枚描いておきます。

4

「葉」に 「塗りつぶしの色」を付けます。

「こけ」のままでもいいのですが 1色を秋色に変更します。

12

 

 野ブドウを描く

ブドウは 楕円の大小でかきます。

「フリーフォーム」は 曲げるところでクリック、最後はダブルクリックします。

6-2

背景の上にぶどうを配置した時に アクセントになる色を数個作っておくといいでしょう。(使わないいろもありますが…)

楕円にぼかしをプラスすると 光が当たったようになります。

ぼかしの数値は描く楕円の大きさによります。ぼかしをかけたものを「コピー:図」にしておくと 小さくしてもぼかしが消える事はありません。

7

10

楕円3∼4個 をグループ化して「塗りつぶしの色:グラデーション」をつけ(凪 で作成していますが くじゃく でもいいでしょう)ぼかしをつけます。

見本では 2つの楕円にぼかしをつけてみました。

葉と野ブドウを配置した時、全体のバランスを見ながら 追加していきます。

8

9

11

Word2010で作成

 

 

カテゴリー: 秋のイラスト パーマリンク