EveryDAISY

音声デイジーとオーディオブックは似てる?

いちえ会は、今年国立国会図書館に所蔵されているオープンリールに録音されている図書をデジタル化するお手伝いをさせていただいています。

今までも、図書館を通じて、NHK大河ドラマストーリーから「真田丸」や「おんな城主直虎」なども音声デイジーとして提供させていただいてはいますが、すでにテープに録音された図書をデイジー化するのは、初めての経験でした。

絵や文字や声が全部入った「マルチメディアデイジー教科書」、文字だけの「テキストデイジー」などを製作してきましたが、今回はそれに、「音声デイジー」が加わりました。

音声デイジーは、頭出しができるオーディオブックみたいのものと言ってもいいのかもしれません。
同じデイジーでも、使用する方が使いやすい形式を選択していただけるところが、大きな特徴ですね。

デイジーは、障碍者向けのツールと思われがちですが、一般の人も、特にシニアには使い方で便利に利用できるものかな…という気もしています。
今よりもっと、ぐっと使いやすいビューワがたくさん出てくるといいな…と思います。

カテゴリー: デイジー図書, 活動 | タグ: , , , | 音声デイジーとオーディオブックは似てる? はコメントを受け付けていません。

ARの恐竜絵本に興味津々

先日のEveryDAISYサロンに、小学一年生のお子さんが来てくれました。
しっかりと自分の意志があって、探求心も旺盛で、駒場においてある恐竜図鑑のようなものを目ざとく見つけて、読み始めました。

実はこの本、ARの仕掛けがあって、Webカメラで印刷してあるものを映すと、本の中の恐竜が立体的に飛び出し、動き出すのです!

ARは、拡張現実といって、今はスマホなどで、実際に応用した「試着アプリ」「家具のレイアウトアプリ」など出始めていますが、実は数年前からこの本は、駒場文庫にも入れてあったのでした。

少しだけ
 「こうすれば、動き出すよ」
 「こうすれば、声が出るよ」
など、ちょっとしたアドバイスで、すぐさま操作を覚え、何度もページをめくっては恐竜と遊んでいました。

もしかしたら…、こんなしかけの中から、文字や本に興味をもってくれるきっかけができるかもしれないな…と思ったりしています。


カテゴリー: EveryDAISYサロン | タグ: , , , , , | ARの恐竜絵本に興味津々 はコメントを受け付けていません。

「はやぶさ君の冒険日誌2010(ただいま!)

まだ記憶に新しい「はやぶさ」。
宇宙でのミッションを終え、地球に帰還したときの、あの感動は覚えている方も多いことと思います。今、「はやぶさ2」が活躍しているニュースも、報じられていますね。

この一部始終を、JAXA宇宙科学研究所の方が「はやぶさ君の冒険日誌」として、物語を発表してくださっています。
専門的なお話を、わかりやすく、平易なことばで書いてありますので、宇宙に興味がある方も、あまりない方も、楽しく読み進めることができます。
DAISY図書で、あの感動をもう一度味わってみませんか?
どうぞ、ライブラリーのページをごらんください。

なお、「はやぶさ君の冒険日誌2010(ただいま!」は、JAXAのページにも掲載されています。

カテゴリー: デイジー図書, 一般書, 製作 | 「はやぶさ君の冒険日誌2010(ただいま!) はコメントを受け付けていません。