12月のオートシェイプ 暖炉のある部屋

今年も残り少なくなりました。

暖炉の前で 少しでも団欒の時間が欲しいものです。

暖炉の模様(レンガ)を作ります。

「塗りつぶし:パターン」で レンガがありますが 暖炉に使うには小さすぎます。

15.png

 

①レンガにする画像を作ります。グリッド線を利用してもいいでしょう。

黒の四角形の上に書く長方形は 約5×13 ぐらいの大きさにします。

1.png

部分的に切り取ります。

(JTrimに 黒の台紙ごとコピーして 拡大表示してから部分的に切り取る)

長方形の左側に黒線が入らないように切り取ります。

2.png

②作成した画像を テクスチャーで取り込みます。 

レンガの模様が大きい場合は 幅と高さの%を縮小します。

3.png

③マキと炎を描き 暖炉を完成させます。 

4.png

「塗りつぶし:グラデーション」で 中央を明るくします。 18.png

「論理積ゲート」は 少し高さがあった方がいいでしょう。

明るい部分を少し下に持って行くように作りました。

暗い「論理積ゲート」と重ねます。

6.png

二つの「論理積ゲート」を重ねます。

17.png

マキと炎

7.png

 ④ロッキングチェアーを描く。

8.png

各々の図形を 少しづつ変形しながら部品を作っていきましょう。

 

9.png

 

描く大きさによって 「面取り」幅が 違ってくると思いますので オプションで修正します。

10.png

 

⑤背景

部屋の壁や じゅうたんなどお好きな模様・色 で塗りつぶしましょう。

 

11.png

 

少し小物も取り入れてみました。

 

12.png

「線」は 描く大きさによって太さを変え、背景(壁)にあった色を付けてみましょう。

 

13.png

 

昨年 12月に描いた クリスマスツリーを配置してみました。

壁とじゅうたんの境に 太めの直線をひいてあります。

 

14.png

 

今年1年 お世話になりありがとうございました。

年末の忙しい時期、どうぞご自愛くださいませ。

来る年が 明るい1年になりますように…

カテゴリー: 冬のイラスト パーマリンク